米どころ新潟の稲作 天気悪い日本海側の県人口減少早いか。うらにほんと言われています。天気悪い日本海側の県人口減少早いか 日本海学推進機構:研究と活動:パネルディスカッション。気象庁の観測データで。~年の日本海側の富山。秋田。松江の一冬の
降雪量。降雪日数を見ると。富山県はやはり非常に雪が多いが。年代雪は
減少傾向にあるが。雲凝結核は広がっており。影響を受ける可能性がある。
例えば。雪が積もるとスキーで非常に速いスピードで広い範囲を動き回り。そり
で多くのものを運ぶことができる。富山県は日照時間が短く。天気の日が
少ない。秋道 むしろ食べ物があると人口が増えるという議論をすべきだと
考えるが。米どころ新潟の稲作。日本一長い信濃川をはじめ。たくさんの川が肥えた土と豊かな水を運んでくる
ため。下流には豊かな平野が広がっています。この自然が米新潟県は日本海側
にあり。春から夏には比較的よい天気が続き。雨も適度に降ります。冬になると
。山間これは全国で番目に多い数字ですが。現在は年々。少しずつ減少し
ています。昔の新潟では。水はけの悪い湿田が多いため。洪水がたびたび
起こっていました。また。この地域では農業をする人口が減って。高齢化が
進んでいます。

うらにほんと言われています。鳥取、島根、山口県や京都の日本海側、まともに人口もいないし、産業もなく、少子高齢化だけが全国の中でも最先端的にすすんでいます。まともな若い人間は、自分の試せる場所ではないと心得ており20代のうちに都会に進学や就職で都会に行きます。ですからますます人口減少が早くなります。そうだと思いますよ。雪が降る地域はどんどん過疎が進みます。補助金出して住んでもらわないといけなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です